アクセスお問い合わせ
法珠寺 コラム
焼香の作法

 作法とは、目に見えない心を、目に見えるカタチにして示す行為であると思います。
 お香の作法にも心があります。相手を気遣う心です。不快な思いをさせず、気持ちよくお会い出来るよう、嫌な臭いを消して、かぐわしい香りをまとうのです。ですから、お焼香の作法は、仏様にご挨拶、つまり合掌礼拝する前にお香を焚きます。
 また、お花をお供えするように、お香(香り)もお供えするものです。お花がお仏壇を荘厳(しょうごん)する(飾りあげる)ように、お香もお仏壇をかぐわしく荘厳します。
 仏様を敬う心でお香を焚き、美しくかぐわしく荘厳されたお仏壇の前で、心穏やかに手を合わしお念仏申しましょう。
 ちなみに、
粉末状のお香を衣に塗る作法を「塗香(ずこう)」
抹香もしくは線香を燃やす作法を「燃香(ねんこう)」
刻んだお香を火種にくべて焼く作法を「焼香(しょうこう)」
と言います。

 1.ご本尊に一礼  2.香を一回つまんでいただかずに焼香
 3.合掌してお念仏を称(とな)える  4.礼拝(らいはい)
Copyright 2012 housyuji All Right Reserved